上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・やばい。

いつになくやばい。

かなりピンチだ。

そう・・・私はいま、

眠いのだ。

それだけならいいのだが・・・。

ただ眠いだけなら・・・。

そう、私はブログを更新しなければならない。

そのためにこうやっていま、パソコンの前に座っている。

眠気なんてどうでもいい。

そんなことよりも、もっと重大な、記事を書く上で最も重要なことが、足りていない。

それが、問題なのだ。


いままでにも幾度となく、同じような局面に立たされてきた。

そのたびに、記憶の中を駆け巡り、パソコンの中をくまなく探す。

「なんでないんだ・・・なんで・・・」

私は苦悩する。

どうすればこの危機ともいえるような状況を、回避・打破できるのかと。

それは考えて出てくるようなものではなく、いままでなら探せばあった。

そう、いままでなら・・・。

今回は違う。

とうとう使い切ってしまったのだ。

しかし、これはそこらへんで売ってるようなものではない。

命に関わることでもないが、いま、必要なのである。

そう・・・いま・・・。




・・・だが、願いは届かずに、とうとうそれを手に入れることが出来ぬまま、時は過ぎてしまう。

「これでよかったのか・・・。」

ただその疑問だけが、頭の中を流れて行く。

「彼らなら・・・優しい彼らなら許してくれるはずだ、きっと。」

これだけが、頼みの綱だった。


――時計の針が、午前7時を回ろうとしていた――

そのときだった。
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 元気のないあなたにぇなじぃを。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。